信頼と質の実現を

もしアンテナ工事に関して、信頼性や料金のことなど心配になる点があるなら、事前にどういった業者に依頼することが良いのか、という点を調査しておき、参考にすることができます。信頼できる地元の業者に依頼するということも可能かもしれません。

テレビの存在と存在意義は、昔と今では大きく変わりました。昔そこで通用していた常識は既に現代では非常識となっているものがあります。しかし、本来テレビが担っているのは私達にとって必要な情報をリアルタイムで発信できるということです。この点でアンテナがつながりにくいというのは論外ですから、できるだけ早期に工事を行われる、または環境を整えるということをお薦めします。そうすることによって、緊急時の情報収集も、テレビから行えることができるようになるでしょう。現在ネット環境が自宅にないという方であれば、なおさらのことかもしれません。

特に、緊急時のテレビの役割は大きいと言えます。実際にどのようなことが起きているかということをもしもネット環境が使えなくなったとしても使えるということがあり得ます。ですから緊急時の安全を確保するためにも、まだ環境を整えておられない方は工事を行ったりすることをお薦めします。

テレビの性能に頼る

といっても、皆さんはほぼすべてアナログ放送の環境から、地上デジタル放送の環境への移行が終わった段階におられる、と思いますので、これらはあくまでこれから地上デジタル放送の環境を取り入れるという方やいまだに地上デジタル対応のテレビを持っていないという方向けのお話となります。さきほど、テレビが対応している必要があるというお話をしましたが、実際のところ現代販売されているもので地上デジタル放送に対応していないテレビはありません。ですからどのテレビでも、安心して購入することができます。ただし、一部中古の液晶テレビには注意です。

基本的にテレビはデジタル放送に変わってから高画質の映像が配信されていますが、高画質と言っても、DVDやブルーレイの映像、または最新ゲームの映像などと比べると劣っていることがありますので、テレビを購入する際は、もともとの画質をどのくらいまで補正できるか、という点が購入の判断材料となるかもしれません。より高度な映像処理を行うことのできるテレビ、または色再現度が高く、よりくっきりとコントラストが表示されるテレビ、という選択ができるかもしれません。価格が安いものと、価格が高いテレビにはそういった違いもあります。

UHFという規格

さて、では具体的にアナログ放送からデジタル放送に変更になって、変わったことと言えば、どんなことでしょうか。まず、用いられる電波の種類が変わりました。正確に言うと、今まで用いられていなかった帯域を用いることにより、より多くの情報量を送信することが可能となったのです。今まで用いていた受信機(アンテナ)が、いわゆる『VHF』にしか対応していないものである場合、それを『UHF』という規格に対応したものに変える必要があるのです。それがいわゆる、アンテナ工事となります。このアンテナは、基本的に業者に依頼して行ってもらうことができるのですが。行おうと思えば自分でも行うことは可能です。ただし、正確性や安全性には欠けます。アンテナ自体は、屋外に設置するものから、屋内で設置できるものもあります。ただし、テレビが対応していない場合どちらにしても『チューナー』が必要となりますし、屋内アンテナは基本的に映りが悪く、電波が弱い地域では受信できないことも多くある、という点が注意点です。

アンテナ工事には、それなりの費用が必要です。集合住宅などでは個人で負担する必要が無い場合がありますが、個人宅では自己負担であることが多いと言えます。

テレビの歴史と地デジアンテナ

メディアとその影響力…それはここ数十年で、非常に大きな変化を遂げてきた、と言えます。ある時代においては、私達市民が情報を得るために用いるものの多くが、『テレビ』や『新聞』などのアナログな媒体に頼ってきたものでした。人々はそれらから一方的に提供される情報を取得することによって、無意識のうちに、それを自分たちの生活に影響させてきたと言えます。しかし、現代ではその形は大きく異なってきています。それらの影響力は少なくなり、むしろ私達の側から情報を得るようにするための媒体…いわばスマートフォンやパソコン、タブレット端末などの、個人で保有、携帯することのできる端末の影響力というものが、とてつもなく強力になっていると言えます。まさに、生活必需品、となっているのです。だからと言って、本来テレビが持っていた影響力が変化しているわけではありません。手段が広範化して多くの人が別の形で情報を取り入れるようになったとはいえ、今でもテレビは人々の生活の中心にあります。

テレビの大きな変化といえば、アナログ放送からデジタル放送への変化があります。アナログ放送はそれこそ一方的な通信であったのに対し、デジタル放送へと移行したことで、双方向の通信が可能になり、いわゆる『視聴者が参加する』ということが可能になりました。また、配信される映像が高画質になり、より多くの人が多彩なコンテンツを楽しめるようになりました。そこで行われたのが、地デジアンテナに変えるためのアンテナ工事です。